アムステルダムで暮らしています。      こちらでの生活のことなど。
by gateroof
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Gateroof お店のサイト
www.gateroof.nl

ご訪問頂きありがとうございます!
ブログ村に参加しておりまして、
こちらをクリック
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
して頂けるとたいへん
うれしいです☆

カテゴリ
検索
以前の記事
タグ
外部リンク
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Giethoorn(ヒートホールン)
運河に囲まれたチャーミングな村、Giethoorn(ヒートホールン)を初体験。
c0197980_02234569.jpg
オランダのヴェネツィアとも表現されますが、
ヴェネツィアのようにおしゃれなお店やレストランが並び、サン・マルコ寺院のような観光名所があるわけではありません。

運河沿いのきれいな家並みなどを眺めながらボートに乗ったり、サイクリングや散策したりしてリラックス♪ を楽しむ所です。

下の地図、上部右側の星印は「't Olde Maat Uus」というミュージアムで、
このあたりから地図下側の星印あたりがカフェ、レストランなどが並んでいるメインの運河のようです。
c0197980_02225567.png
運河沿いのカフェ、レストランでは貸しボートをしてる所が多いです。

私達は地図左側の黄色い道路<N334>から下側の星印の「Smit」というカフェレストランに入り車を駐車し、休憩後に散策を始めました。
運河沿いにテラス席があり、ここでボートを借りたり、ガイドつきの観光舟に乗ることもできました。
c0197980_02234513.jpg
ヒートホールンの中心部には車で入れないのですが、
このカフェのの他にも<N334>から店に入り駐車し、店の奥に控える運河からボートや散策などを開始するというシステムのところを多く見かけました。



上部右側の星印のミュージアム「't Olde Maat Uus」↓
c0197980_03115119.jpg


上部左側の星印はツーリストインフォメーションで、
c0197980_03120692.jpg
この近くにも駐車場があり、
ツーリストインフォメーションの北側にある運河沿いにも貸しボート屋が並んでます。


お天気が良かったためか小さい村は観光客で賑わい、運河ではボートが渋滞してるところも。
c0197980_02234403.jpg


運河沿いのステキなお宅、高いんだろうな〜と思いつつ眺めさせて頂きました。
c0197980_02234597.jpg
c0197980_02234495.jpg
運河から外れたところにあるお宅もステキで、家や庭を美しく整えるオランダ人にはほんと〜に脱帽!
オランダの家は窓ガラスがピカピカな事でも知られてますが、この日も窓掃除に精を出すおかーさま達、3人ほど見かけました。




こちらをクリックして頂けるとうれしいです!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へオランダ情報満載のブログのサイト




[PR]
by gateroof | 2014-06-28 04:16 | その他の町 | Comments(0)
クルミ拾い
週末、カントリーサイドにあるうちのオランダ人実家の庭にて、
人生初のクルミ拾いを経験。
c0197980_2541486.jpg
これをしばらく放置し、完全に乾かしてから食べるようにとのお達し。
(byうちのオランダ人母)

今までクルミについて深く考えた事がありませんでしたが、
クルミの殻の部分って種なんですね、ぜ〜んぜん知らなかった!
既に実から出て落ちてるのが多かったですが、実から露出してるようなものもいくつかありました。
栗拾いは小さい頃おばーちゃんの家でやってましたが、クルミは初めて。
やっぱりこういう美味しい木の実拾いは楽しいなぁ。

その他の庭の収穫物、りんごと梨も頂きました♪
c0197980_254727.png



さて、今週末に冬時間になります。
だいたい冬時間になる以前からじわじわと寒くなり、
ああ、冬がやって来る来る~、とおののきながら過ごし、
とどめが冬時間へのチェンジ。
一気に日が暮れるのが早くなり、気分はもう真冬、

というパターンが多いですが、
現在10月半ば過ぎだというのに、全然寒くなってません。
天気予報によるとアムスの明日(22日)の最高気温は21度という暖かさ!
水曜日から今週末までの最高気温も16度〜19度という、たいへんありがたいお天気のようです。

まあ寒くなるのが遅くても暖冬になるというわけではないので、
とりあえず寒くならないうちに庭造りを完了をめざしたいと思います。




こちらをクリックして頂けるとうれしいです!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へオランダ情報満載のブログのサイト
[PR]
by gateroof | 2013-10-22 03:17 | 日常生活 | Comments(2)
風車といえばキンデルダイク
ロッテルダムから13キロほどのところにある「Kinderdijk(キンデルダイク)」に、ユネスコ世界遺産に登録されている風車網があります。
c0197980_22372230.jpg

c0197980_2238894.jpg

c0197980_22392884.jpg

この辺りの干拓地の排水をするために1740年代に19台の風車が建設されたそうです。(Wikipedia参照。)
c0197980_363619.jpg

車で「Molenatraat」という川沿いの道路を走るとこのような大きな木靴が見えてきます。
c0197980_2223072.jpg

バス停もここの目の前にありました。
木靴のすぐそばの建物はお土産屋さん+カフェになっており、そこを通り過ぎてまっすぐ行くと、グーグルマップで「Molenkade Nederwaard」と表示されている風車を近くで見れる地帯にたどり着きます。
入り口っぽい感じの所には売店やカフェがあり、風車の博物館を見学する人はここで入場料金(大人6ユーロだったかな)を支払いますが、散策するだけなら無料。地元の人も自転車で通り抜けたりしてます。

そこの売店の横に野外イベントなどで見かけるような簡易トイレっぽいのがあり、50セントを挿入して使用するシステム。
しかし、そこにはちょっと入る気にならず、上の写真の大きな木靴が置いてあるお土産屋さんのトイレに入りました。同じ50セントで、たぶんそっちの方がきれいだと思います。

また、ここで駐車すると5ユーロかかり、
「駐車料金5ユーロ」と書かれた札を見た私達は、もちろん考える間もなくスル〜。
「Molenatraat」を風車を左手に見ながら道なりに進んでいくと、無料の駐車場がありました。(日曜日だから無料だったのかもしれませんが、うちのオランダ人は無料駐車場だと言ってました。)
そこから歩いてもそれほどかかりません。ぶらぶら写真を撮りながら歩いても10分かからなかったと思います。

帰りに川沿い(Lek川)の通りを高速道路(A2)までドライブしましたが、「Molenatraat」→「Lekdijk」辺りでは風車を見渡せる風景が広がっており、すごく良かったです。
また通り沿いに素敵なお宅があったり、小さな田舎町を通り抜けたりときれいなカントリーサイドの風景が楽しめます。
ちなみにアムスに帰るのに、この川の向こう側に行かないとなりませんが、
ここから高速道路(A2)までの間に橋はなく、何カ所か有料の渡し船、っていうか「渡しフェリー」があります。フェリーに乗リ込むと係の人が集金しに来るシステムです。
オランダにいくつもある車の渡しフェリー、私の経験だと片道1ユーロ〜2ユーロぐらいで、場所に寄って料金が違ってます。


久々に夏が戻ってきて、写真もすっごい気持ちのいいブルースカイ!
こんな日に車に乗るだけでサイクリングしないなんてもったいない、
なんて思ってしまい、
今度来るときは自転車を車に積んで来ようね〜、
なんて口走ってしまうとは、
すっかりオランダになじんできたようで・・・。


Kinderdijk(キンデルダイク)のサイト



こちらをクリックして頂けるとうれしいです!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へオランダ情報満載のブログのサイト
[PR]
by gateroof | 2012-08-13 22:55 | キンデルダイク | Comments(0)
寒いオランダを楽しむ
日曜日、ここ数年やってみたいと思っていた事が実現しました。

オランダは極寒が続き運河にも氷が張り、待ってましたとばかりにスケートを楽しむオランダの人々。
天然のアイススケート場!
c0197980_20481159.jpg

ここは「Jips」というアムスから北方面にある小さい町で、湖のような大きい運河に面してます。
c0197980_20425064.jpg


さて、やりたかった事とは、
運河のスケート場でエルテンスープ!!
c0197980_2043168.jpg


「運河のスケート場+エルテンスープ」 というオランダ冬の風物詩、
以前うちのオランダ人がさも美味しそうに話してくれ、それ以来体験してみたいと思っていたのでした。
極寒の中で頂いたアツアツのエルテンスープは格別、と〜っても美味しかったです。

町内会のおばちゃん達と思われるご婦人方が6名ほど、「美味しいエルテンスープよ〜」と張り切って売っており、暖かさをさらに醸し出していました。
やっぱおっちゃんが売ってるよりも、「おふくろの味」を連想させるおばちゃんのほうがソソられますね。
c0197980_2058018.jpg


気になったのは、運河に面したサンルーム風のガラス張りのお宅。
外観もすてきですが、家の中からはさぞ素晴らしい眺めでしょうね〜。
c0197980_20464037.jpg

しかし、このガラス張りエリアは西にばっちり向いていますが、日本だったらありえないですよね。
日本では西日は歓迎されませんが、こちらは日差しを求めて、西に大きな窓のある家やアパートが多いです。

上の地図で水色の線は全て運河、運河の隙間に家が建ってるような感じです。
そして家の前にマイブリッジのある家が多いのですが、運河が凍るとどこでも歩けて便利?
c0197980_20473434.jpg

寒いのは好きではありませんが、寒い中でもこうやって楽しめるひとときがあるのもいいもんだなぁ〜、
スケート靴が欲しくなってきました。


次回はちょっと早めに出て、各町のエルテンスープをはしごしてみたい!


こちらをクリックして頂けるとうれしいです!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へオランダ情報満載のブログのサイト
[PR]
by gateroof | 2012-02-14 19:26 | オランダ食べ物 | Comments(4)
日曜日の外出、ゴーダ界隈 
日曜日、わけあってうちのオランダ人の姉の娘、マーチェと出かけることになり、久しぶりに引っ越し関係以外の外出となりました。
マーチェは4才8ヶ月。
いつのまにか私よりアドバンスなオランダ語をしゃべってます。
家族で集まる時は他にも話相手がたくさんいるのでごまかせますが、こんな風にいっしょに外出するとなると、私がオランダ語ができない事がマーチェにバレてしまう=おもしろくない叔母さんだと思われてしまう =う〜ん、困った。
などと心配してましたが、知ってる限りのオランダ語を駆使して対応し、私に質問をふって来たときはうちのオランダ人に訳してもらったり適当にあいづちをうったりしてなんとかバレなかったようです。
でも車の中で私とうちのオランダ人の会話(英語)が不思議だったらしく、私達2人が何か秘密の事を話しているのかとうちのオランダ人に聞いて来たそうで、子供の発想っておもしろ〜。

さて、出かけたのはマーチェの家から車で30分くらいのGouda(ゴーダ、ゴーダチーズで有名な所です。)
日曜日とはいえ観光地なので何か楽しげな所が開いてるかと思いきや、カフェ・レストラン以外は閉店。
とりあえず寒い中ちょっと辺りを歩き回ることにしましたが、マーチェはるんるん上機嫌。
飛び跳ねたり走りまわったり目が離せませんでしたが、幸い人通りも車も少ない日曜日だったのでまだ良かった、土曜日だったらもっとひやひやしたわよね、きっと。
途中で「後でパンネクック((オランダのパンケーキ)食べようね」と言ったら、それ以後頭の中は「パンネクック」で占領されたらしく10メートルごとぐらいに「パンネクック」と発するかわいいマーチェ。

パンネクックのあるカフェに入ると、近くの席に日本人っぽい家族を発見。
日本人だったらちょっと話しかけたいな〜っと思いつつ、耳の穴全開にして何語を話しているのか聞き取ろうとしましたが、なかなか聞き取れません。もっと大きな声で話してちょうだいとは言えるはずもなく聞き耳をたてると、やっぱり日本語!

もじもじしながら(?)話しかけてみたらとっても感じの良いご夫婦で、いきなり見知らぬ女から話かけられてもとってもさわやかに接して下さいました。
このブログを読んで心あたりのある方、決して怪しいものではありませんので、どうかご安心下さいね。(ほんとです。)

さすがゴーダチーズの町、「ゴーダチーズスープ」というのがありました。
なかなか美味しかったです。
c0197980_2425428.jpg

マーチェはあんなにパンネクックを楽しみにしてたのに、4分の1ぐらいしか食べず、
カフェの後に町をちょっと歩いていたら今度は「フリット(フライドポテト)」と言い出し、またもや10メートルごとに「フリット」って・・・、
まあ何言ってもかわいいんですけどね。

シロップでベトベトの手で私のマフラー触ってもかわいいのよね。
c0197980_2435334.jpg

しかし、4才8ヶ月にして既にパンケーキとフライドポテト大好き典型的オランダ人。


道で先を歩くうちのオランダ人の名前をお〜っきな声で叫ぶマーチェ。
c0197980_244347.jpg

そしたら数メートル先にいたおじーちゃんが振り返って、
「ハロ〜」って手を振ってくれました。
たぶん同じ名前だったのでしょう。ひょうきんなおじーちゃん、ウケました。

今回は高速道路を使わず、ちょっとローカルな道路(地図に「N+数字」で表示されてる道路)をドライブしながらアムスから南下しました。
所々にある小さい町や村を見るのがけっこう好きで、オランダ人ってほんとに家の周りをきれいにしてるなあといつも感心。いい感じの窓や玄関周りのデコレーションなどは写真に撮っていろいろと参考にさせて頂いてます。

ゴーダの近くにある Schoonhoven という町にもちょっと寄りましたが、
ここは古くから銀細工が盛んで「銀の町」として知られ、現在も貴金属のお店や工房などが多くあり、学校もあるそうです。
また時計作りでもちょっと知られた町だということ。

日曜日なので全て閉店でひっそりしてましたが、暖かく日も延びてきたら、またこの辺りを訪れてみたいです。

なにはともあれ、無事に親元へ返せて良かった〜〜〜。
この寒空に運河に落ちちゃったりしたらたいへんですからね。


こちらをクリックして頂けるとうれしいです!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へオランダ情報満載のブログのサイト
[PR]
by gateroof | 2012-01-31 02:58 | その他の町 | Comments(4)
家族団らんクリスマス
クリスマスも終わったし、これからどんどん日が延びると思うと気分も明るくなりますね〜。
毎年うちのオランダ人の実家に行きますが、今年は第2クリスマス(26日)に家族の集いとなりました。
うちのオランダ人は姉と妹がいてそれぞれ家庭を持っているため、旦那さんの家訪問の日程を合わせて25日か26日かを決めます。

家族ディナーで登場するのがこのお皿達。
c0197980_19104357.jpg

最初に見た時は、デルフトブルーのイメージがあったので、すごいオランダっぽくて素敵だな〜と思い、うちのオランダ人のおかーさんの目を盗んで、お皿の裏を覗いてみたら、
c0197980_1911576.jpg

Blue Danube Japan

あら、Japan???   

ウイキペディアによると

ブルーダニューブ(Blue Danube)は、「日本のブルーオニオン」として、今から50年ほど前に創業された陶磁器ブランド。 名称の由来は、染めつけの深い<藍>の色と、音楽の都ウィーンを流れる<ダニューブ>河になぞらえて名付けられた。

ドイツの有名メーカー、マイセンの絵柄をコピーしたもので、アメリカ人がアメリカでの販売を目的に作ったということらしいです。
ウイキペディア;Blue Danube(ブルーダニューブ)

うちのオランダ人のおかーさんのおかーさん(←おばーちゃん)が購入したものだそうで、かなりの年代ものですが、なぜにオランダに?

あと、

日本古来の染付技法によって「ブルーオニオン」を造る信念のもと、美濃陶磁器伝統の技術を徹底した、自社のこだわりにより造られる「ジャパニーズ・ブルーオニオン」である。この日本古来の染付技法は世界4大ブルーオニオンの中でも、特に濃い青色を放つ。

とありますが、ほんと〜に、青色がすごくきれいです。

母から娘に譲られた貴重なお皿達、ディナーのあとは子供達で片付けをしますが、このお皿を割らないようにと、注意注意〜〜〜、と緊張する私の横で、ガシガシと皿を洗い拭くうちのオランダ人とその姉。
まあ、今回も全て無事で良かった〜。


というわけで、もうすぐお正月。
新年までには積まれた箱を片付け、リビングルームでテレビが見たい!





こちらをクリックして頂けるとうれしいです♪
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へオランダ情報満載のブログのサイト
[PR]
by gateroof | 2011-12-27 19:23 | 日常生活 | Comments(0)
産地直送フルーツ
このブログによく登場するカントリーサイドのお宅から、
梨とリンゴを頂きました。
c0197980_4325898.jpg

数ヶ月前、日本語のオランダの情報サイトで、「Betuwe」という果物の産地のニュースを読み、初めてここのお宅が「Betuwe」エリアにあるということを知りました。
果物の産地だとは知ってましたが、こんな名称のついていた地方だったとはつゆ知らず、なんだか同じ果物が数倍美味しそうに見えるのであります。
でも実際、今年の果物は春のいいお天気のおかげで例年よりも熟成が早く美味しいそうです。

「Betuwe」は 南側に Waal(ワール 川)と
北側 Nederrijn(ネーデルライン川)→Lek(レク川)の間にある地域で、
その間にもLinge川という川が流れています。

大まかに有名な町の名前を使って説明すると、
Gouda、Utrecht、 Arnhem と
Dordrecht、 Den Bosch 、Nijmegen  に挟まれた辺り、
というと分かりやすいでしょうか?


このお宅は「Betuwe」の東側にあり、以前4月の中旬頃に伺った時にサイクリングに行きましたが、リンゴや梨の花が咲き乱れていて、ゴッホの絵の様にきれいでした。

この地域は果樹園でなくても、普通のお宅の庭にも梨、リンゴ、サクランボ、プラムなどの木があるような感じです。
若い夫婦や体力有り余る子供がいるような家庭だと、自分たちで収穫したものを家の前で売ったりしてると思いますが、こちらのお宅は還暦のご夫婦2人暮らしのため、 梨はセルフサービスで自由にもぎ取って持って行ってもらうようにして, リンゴはジュースの業者さんと話をつけ、木の世話をしてもらうかわりにできたリンゴを無料で提供してるそうです。


先月はプラムを頂きプラムソースを作りましたが、リンゴはシナモンと甘く煮て、ヨーグルトに入れて食べるようにしようかな。梨はまだ考え中。

次は秋の味覚、クルミが産地直送されるかな〜(でも取りに行くんですけど)、
今から楽しみ ♪


こちらをクリックして頂けるとうれしい〜です!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へオランダ情報満載のブログのサイト
[PR]
by gateroof | 2011-08-30 04:54 | 日常生活 | Comments(4)
カントリーサイドの醍醐味
カントリーサイドのお宅の庭にあるプラムの木、
プラムがたくさんあるある〜、とってもいい時期に訪問したようです。
c0197980_021456.jpg

こんなにいっぱい頂き、手作りプラムジャムもつけてくれました。
c0197980_022340.jpg

熟れ過ぎ、傷物を選り分けて、ジャムかプラムソース(オランダではプラムムースという)でも作ろうかと思いレシピ検索しましたが、まだ冷蔵庫に入れっぱなし・・・。
町育ちなので、こんな風に実を木から取ったりしたのも初めてで楽しかった〜。
カントリーサイドの暮らしはいいものよの〜。

この辺りは、庭にプラムやサクランボの木がある家が多いらしく、家の前に手書き看板で 「〜売ります」みたいなのが多く、
すぐお向かいの家、ここは本格的にスタンドが備えてありますが、
(KERSEN = さくらんぼ  PRUIMEN = プラム)
c0197980_1102415.jpg

去年はこの家の子供と思われる小学生ぐらいの女の子2人と年少の男の子が座っていて、あまりのかわいらしさに一袋買ってしまいました。

リンゴ、梨はまだ成長中。
c0197980_0251964.jpg

c0197980_0254672.jpg

アムスでもよく見かけるこのお花。 
今まで何ていう名前なんだろうと思っていたのが、やっと判明しました。
オランダ語では「Stokroos」日本名は「タチアオイ」だそうです。
 
c0197980_026532.jpg
  
                                             そういえば、5月中旬過ぎに来た時にバラが咲いていた所に、このタチアオイがきれいに咲いてます。
なるほど〜、同じ場所に植えてあると、バラが終わった後にこれが咲き始め、月変わりできれいなお花がいつでも家の周りにあるというわけですね。勉強になりました。

孫が増えると木靴も増える・・・・・。かわいー♪
c0197980_042576.jpg

というわけで、こちらのお宅、リンゴ、梨、サクランボ、プラム、クルミ、
売る程収穫できるという、ほんとにうらやましいお庭がありますが、
問題なのはこの家で育ったうちのオランダ人。

一緒に買い物に出かけて、クルミを買おうとすると、
「高すぎ!信じられん」 といって買わせてくれません。

でも、アムスから1時間半以上離れた所にある実家に取りに行ったら、電車賃がものすごく高いわけで、送ってもらっても高くつくし、私としては 
いいじゃんか〜、このぐらい、と思うのですが、
こんな金額支払うぐらいだったら(といっても5ユーロ以下のお話です)
クリスマスの帰省まで待つ、って感じです。
思いっきり無視して買い物かごの中に入れ込むこともできますが、
食べ物を買う時って、「これ、買おっか〜」「おっ、いいね〜買おうぜ〜」みたいなノリが欲しいですよね。
買ってる側からぶつくさネガティブな空気が漂ってくると、食べる気も失せるので、どうしてもクルミが欲しいときは、一人の時にこっそり買います。

まあ、しょうがないですね、
しょせん私は都会の女・・・・・・・。
(私の出身地を知ってる方、つっこまないようにお願いします)

ご訪問頂きありがとうございました。
こちらもクリックして頂けるとうれしいです〜!!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へオランダ情報満載のブログのサイト
[PR]
by gateroof | 2011-07-14 01:06 | 日常生活 | Comments(4)
カントリーサイドほっと一息
先週末、カントリーサイドのお宅の会合に出席しました。
ほっこりなごむ景色で、アムスのホコリもおちたような。

庭にある梨の木、赤ちゃん梨が成長中。
c0197980_10193928.jpg

そろそろバラの季節ですね。
いい色合いのピンクのバラ。
c0197980_1020350.jpg

誰もいなくなった庭に、野兎がぴょんぴょんと。
かわいー!
c0197980_10203550.jpg

レトロなお人形のベッド。
わたし好みで持って帰りたくなりました。いいな~。
c0197980_10255295.jpg


今回もまた和ませていただきました!


今日もクリックして頂けるとうれしいです〜!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へオランダ情報満載のブログのサイト
[PR]
by gateroof | 2011-05-28 12:49 | 日常生活 | Comments(4)