オランダ暮らしブログ

アムステルダムで暮らしています。こちらでの生活のことなど。

Koninginnedag 女王の日 !

4月30日は Koninginnedag(女王の日)という女王の誕生日をお祝いする祭日。
本来4月30日は、先代の女王ユリアナ(現女王ベアトリクスのお母さん)の誕生日で、現女王の誕生日は1月31日という寒さたけなわの季節。
国民が野外でのお祭りを楽しめるために、そして母である前女王に敬意を表す意味もあり、日付けを変える事なく公的にお誕生日をお祝いしているということです。

また、ベアトリクス女王が即位したのもこの日、ちょうど30年前の1980年4月30日。


女王の日のお祭り騒ぎは前日の夜(Koninginnenacht)から始まり、アムスではコンサートやパーティーなどが開催されます。

そして、女王の日は、オランダ中でフリーマーケットが開かれます。
c0197980_2513117.jpg

不要品を売る大人や、いらなくなったおもちゃや本などを売る子供達、お菓子、ジュースなどの食べ物などもりだくさん。
物を売るだけでなく、笛、バイオリン、歌、ダンスなどの芸を売る子供も大勢います。
c0197980_252125.jpg


以前日本人の子供達は、外人の名前を漢字で表記し、半紙に筆書きにして売っていて外人を喜ばせていました。

ショバ代もいらず、売り上げから税金を払う必要のない、外人でも誰でも参加できる1日だけのフリーマーケットです。

なので、オランダでは家でいらないものが出た場合、捨てるよりも先に
「女王の日までとっておこう」、というのがまず頭に浮かびます。

街はオレンジ色を身につけている人々でいっぱい。
c0197980_2524113.jpg

c0197980_2531367.jpg

c0197980_2534220.jpg

c0197980_254871.jpg


全身オレンジで決めている気合いの入ってる人もいますが、Tシャツス、スカーフ、かぶり物関係が圧倒的に多いです。

サッカーを見る方はご存知かと思いますが、オランダチームの応援席はオレンジを身にまとったオレンジ軍団で埋め尽くされ非常に目立ちます。オランダといえばオレンジ色という感じ。
このオレンジ軍団はオランダ語で「Oranjegekte 」 と呼ばれているそうです。

オレンジの由来は、オランダの王家、オラニエ家 (オラニエ(Oranje)=オレンジ)からきています。
オリンピックでも、オランダ人選手はオレンジの入ったユニフォームを着ていたので、非常に分かりやすかったです。

この「女王の日」は、現女王のおばーちゃんであるヴィルヘルミナ女王(Wilhelmina)
のお誕生日(8月31日)をお祝いするために始まり、当初はまだ "姫" だったために「プリンセス・デイ」と呼ばれていたそうです。
即位後から「女王の日」と呼ばれる様になり、それ以来3代女王が続き、「女王の日」も続いているわけですが、ベアトリクス女王の次は長男が国王となるのでどうなるの?
とふとした疑問。

ちなみに、次期国王の次はまた女王の時代になります。
by gateroof | 2010-05-02 02:59 | 日常生活 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28