オランダ暮らしブログ

アムステルダムで暮らしています。こちらでの生活のことなど。

ハイデルベルク Heidelberg

ハイデルベルグに行くために、今回の旅で3つ目の川、ネッカー川(Neckar)沿いをドライブしました。
ネッカー川沿いの道は、マンハイムとニュルンベルクの間を古城などの名所を結んだルート古城街道(Burgenstraße)の一部で、川沿いに現れる古城を見ながらのドライブを楽しめます。
c0197980_1223490.jpg


ハイデルベルグは大学都市として知られているようで、街は大きすぎず小さすぎず、歴史を感じさせる街並みもきれいでとても良いところでした。
c0197980_1235820.jpg

c0197980_2382364.jpg

そして街にどーんと佇む Schloss Heidelberg(ハイデルベルグ城)。
c0197980_1254093.jpg


お城はケーニヒスシュトゥールという山の斜面に建っており、ケーブルカーに乗ってお城の入り口付近まで登ります。お城までのチケットはお城の入場料込みで6ユーロ。
c0197980_1254788.jpg

お城の上からの風景がすばらしい!
c0197980_126570.jpg


帰りは下りだし、地図をみたらそれほど遠くなさそうだったので徒歩で街まで戻る事にしましたが、急な坂や階段が続き、お城方面に上って来る人達はたいへんお疲れの様子で、登りはケーブルカーにして正解でした。


さて、夜ごはんはTripadvisorなどで高評価だったシュニッツェルのお店「Schnitzelbank」というレストランへ行く事にしました。
観光地のせいかここも英語のメニューがあり、ウエイトレスさんも英語ペラペラ。
うちのオランダ人はシュニッツェルを選び、私は揚げ物じゃなくてもうちょっと軽いのがいいなあと、「豚肉のグリル」をオーダー。

しばらくして、ウエイトレスさんがお料理を運んでくる姿が見え、私たちのテーブル2メートルぐらいに近づいてきた時、
えっ、あれれれ、あれは何?
シュニッツェルじゃない方は私が頼んだもののはず。

うっそ〜ぉぉぉぉぉぉぉ


c0197980_1262131.png

骨つき皮つきのでっかい肉の塊、のグリル。


私が想像したのは、いわゆるステーキのような、事前にスライスされたお肉を直火焼きにしたような豚肉のグリル。

こ、これが 狩猟民族 の「グリル」というものだったのか・・・。
お肉に突き刺さったナイフがさらにワイルド感を盛り上げ、半裸の男達が森で仕留めた獲物を焚き火の上でグリルしてる姿が浮かんじゃいました。(笑)

付け合わせのザワークラウトとポテトがとても美味しく、お肉も美味しかったですが、8分の1ぐらいでギブアップ。あとはうちのオランダ人のシュニッツェルと交換ってことで手をうちました。
うちのオランダ人、食べきれるかなと言いつつ皮や骨の裏まできれいに平らげ、普段はそんなにお肉を食べませんが、こういう姿を見るとやっぱあなたも狩猟民族だわねと思います。


c0197980_1262965.jpg

シュニッツェルは大きいのが2枚!
お肉は柔らくてジューシー、揚げ焼きですが油っこくなくて美味!!!
値段もリーズナブルで、高評価なのもうなづけるクオリティーでした。


というわけで、ハイデルベルグの一番の思い出は?と聞かれたら、
お城よりもこの豚肉のグリルが浮かんでしまいます☆




こちらをクリックして頂けるとうれしいです!
 ↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へオランダ情報満載のブログのサイト




[PR]
by gateroof | 2015-08-18 03:21 | ドイツ旅行 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31